So-net無料ブログ作成

宅配便業界の「働き方改革」その後…ブラックな労働環境は変わったのか? [日記]

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク




政府は「自分らしく働く」というスローガンのもと「働き方改革」を推進している。しかし実際の労働現場では、さらなるブラック化が進行中。消費者が求める「便利さ」の陰で、多くの人々が過酷な労働に苦しんでいた!

◆より便利になる宅配便の陰で苦しむドライバーたち

 時間外指定、再配達など、きめ細やかなサービスがウリの宅配便。その「より早く、安く、確実に」という便利さが、従業員たちを苦しませている。厚労省は「過労死が特に多い業種の一つ」として自動車運転従事者を挙げているように、物流業界にはブラックな労働環境が蔓延しているという。

 こうした批判を受け、宅配便業界大手のヤマト運輸は今年から過去の未払い残業代を支払い、長時間労働を削減するなどの「働き方改革」を進めている。また配達指定時間の変更、運送料の値上げなどにも踏み切り、一定の成果を上げているように見える。果たして、労働環境はどう変わったのか?

 ブラック企業対策に取り組む団体「ブラック企業ユニオン」の坂倉昇平氏は「確かに会社として掛け声をかけ、努力はしているのですが、現場はまだ追いついていません」と指摘する。

「ヤマト運輸の関西の営業所では、36協定(時間外労働及び休日労働に関する協定届)での残業時間を80時間から90時間に拡大していました。しかも、そのことを責任者が把握しておらず、指摘されて初めて気がつくというありさまです。残業時間を削減するのではなく、残業限度を長くして『協定の範囲内』とすることは、労働環境の改善とは言えないでしょう」(坂倉氏)

 ほかにもある。

「労働基準法では、1日8時間、週の労働時間で40時間を超える場合は残業代を払わなければならないと定められているのですが、ドライバーたちは1日8時間に収めるために休憩時間を削られています。『休憩時間が短くて食事を取ることもできない』という話もよく聞きます。こうした変形労働時間制の導入により、1日あたりの労働時間が長くなるという問題もあります。これは、1日の労働時間が8時間を超えても、週全体で40時間を超えなければ、法定労働時間の枠内とできるというものです。しかしドライバーにとっては、1日あたりの仕事がきつくなるのに、残業代が出ないという問題があります」(同)

◆ヤマト運輸はまだ良いほう? 物流業界全体の問題

 関西にあるヤマト運輸営業所のドライバーAさんは、「(ネット通販大手アマゾンの特別セール期間)プライムデーは、めちゃくちゃ荷物が多かった」と語る。

 ヤマト運輸は’16年12月にドライバーへの残業代の未払い、今年5月にパート従業員の勤務時間改竄と賃金の未払いが労基署から指摘された。今年9月には労使協定で定めた残業時間上限(1か月95時間)を超える月102時間の残業を違法にさせていたとして、福岡地検に書類送検されている。

 Aさんから相談を受けた坂倉さんは、ヤマト運輸での長時間労働の実態について次のように語る。

「Aさんの場合、上司からの圧力によって未払い賃金を約1年間分しか申請できませんでした。Aさんの営業所では、社内に『働き方改革室』が設置された’17年2月以降も、1日あたりの労働時間は長いままです。月の半分程度は朝7時半から19~22時まで、約11~14時間の労働をさせられています。お中元シーズンの7~8月は、半分以上の日数で約12~15時間勤務でした。1か月あたりの平均時間外労働も長く、’17年2月以降は月40~60時間ほどでしたが、7月は70時間、8月は過労死ラインである月80時間を超えていました。休憩時間も連続1時間を取得することは不可能で、15分の休みを4回取るくらいしかできません」

 さらに、宅配便がいつ届くかを指定できる「時間指定」は便利だが、ドライバー泣かせでもある。

「例えば19~21時指定だと、ドライバーの仕事が終わるのは21~22時ごろ。これが長時間労働の要因の一つとなっています」(坂倉氏)

 こうした労働環境はヤマト運輸だけのものではなく、物流業界全体が抱える問題だ。

「むしろ、ヤマト運輸はまだ良いほうかもしれません。宅配業界は重層的な下請け構造にあり、大手から下請けしている業者はさらにブラックな労働環境にあるのに、実態が表に出てこないのです」(同)


なんだかんだ言ったって、職業選択の自由が日本には保障されており、なんだかの自己判断でその会社を選択して、従業員になったわけでしょ。
違法行為をしているなら、戦うかやめれば言い訳で、会社にしがみつくからブラック企業が生まれるわけでしょ。

社員を人とも思わず、駒扱いする会社。そんな会社で働きたい人間、しがみつく人間が存在するからブラック企業が存在するわけで、しっかり自己責任で職業選択をしようよ。職業選択が出来ないといういいわけがあるのであれば、自分の怠惰なわけでしょ。

人のせいや社会のせいにする前に、自分の人生を振る帰る必要がある人がもっと多くいるのではないかな?」




スポンサーリンク





スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。